英会話留学なら英語がネイティブの国の方が良いと考える方も多いかもしれません。もちろん、母国語と外国語に英語の違いは多少あります。

ただ、ネイティブの英語は初心者では聞き取りにくいことと、ネイティブの場合、勉強して身につけたわけでないので、生徒のわからないところを理解するのが難しいところがあります。
その点では、外国語として英語を身に付けた先生は、勉強して身に付けた分、どのようなところが難しいのか理解できます。
また、日本人にとっては欧米人よりアジア人の方が親近感があると思うので、セブ島でワンツーマンレッスンなどの個別授業を受ける時にあまり緊張せず落ち着いて授業を受けることができます。

子供

セブ島はフィリピン中部のヴァサヤ諸島にある島です。
日本人にとってはセブ島で英会話留学することは地理的に近いことから短期間の実習もできますし、物価も高くないので、コストが低く抑えられるので利用しやすい場所と言えます。

セブ島では外国人観光客による観光収入、情報通信・ソフトウェア産業では海外のアウトソーシング、アメリカなどの企業からのコールセンター業務の請け負いなど、実用的な英語を必要とする業務が主流であるため、現地のセブ語の他に英語もよく通用します。
そのためセブ島の英会話留学による英語の授業は実用的な英会話と言えますし、留学するメリットといえるのが、セブ島を観光するにはセブ語を知らなければ英語を話すしかないので、実践の英会話ができることです。

車

慣れない環境では、様々なトラブルが起こります。少しでもトラブルが起きないような状況を整えることが大切になります。

そのトラブルを少しでも減らすことができる、警備体制が整った寮は留学にはぴったりの生活空間です。
また、セブ島は観光地としても知られている場所なので、英会話の留学をして知り合った友達と休日には、豊かな自然を満喫することができるところも人気の理由です。

南の島

セブ島の留学で行われる授業ではマンツーマンでの7時間の授業が好評のようです。
英会話を見に付けるには、グループでの授業では効率的に身に付きにくいようです。
マンツーマンでしっかりと授業を受けることで短期間で英会話を見に付けることができます。

もう一つの人気の理由に全寮制があります。寮に入ることで、同じ目的の海外の方と触れ合うことができ、国際性も身に付けることができます。
また、寮では24時間の警備体制で安全なところも人気の理由です。

南国

セブ島への英会話の為の留学が人気を集めています。
韓国では以前から人気のようで、セブ島への留学生の大半が韓国人とも言われています。セブ島への英会話留学の人気の理由の一つに生活費の安さがあります。

セブ島での学費も含めた留学費用として、相場が月に10万円~15万円と安く、日本で100万円程度貯めて行けば、物価の安いこともあり快適な英会話を見に付ける為の留学ができます。
フィリピンの物価は日本と比べると5~10分の1くらいなので、月に1~2万円程度のお小遣いでも十分に楽しめる国です。

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
August 2014
M T W T F S S
« Jul    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031